A Story of Leeches

This isn’t a story about my battle with leeches. It’s literally a story containing my leeches so I can read it from time to time and reinforce them.

(Experts are welcome to improve the grammar. Some sentences got simplified when I realized I’d mess up the more complicated form I wanted.)

Enjoy.

幼稚園でした。ヒルベルトは決して学ばなかった。それを戒めとしなさい。

影に何かが潜んでいた。彼はそれに抵抗した。 しかし、それは彼を呼びました。

以前、手を噛まれました。それから彼はそれを認めた。

後ろから女性の声「 あなたの損失は償います」。

ヒルベルトは後ろを振り返った。袖が引っ掛かった。

彼は叫び、先生は駆け寄った。

「どうしたの?」

「それは私を捕まえようとしました。」

「何もない。」

「しかし、彼らは言った。」

「 それは全く根拠のないうわさだ。」

先生は自分の机に戻った。暗闇の中にいるものがヒルベルトを掴んだ。

捕獲された。彼は頻きりに帰りたがっていた。

しかし、それはすべて彼の頭の中にありました。

妖怪が現れました。

それは猫であり、噂は本当でした。

6 Likes